カーメルの歴史-今も昔も愛され続ける場所-

松山市内を一望する白水台という高台にある閑静な住宅街。
白水台はもともと景観を大切に考えて造られたため、ビルなどの高い建物がなく、青空がとても近い街です。
レストラン「ザ・グリーンカーメル」が生まれたのは1988年のこと。以来、贅沢な時間を楽しめる隠れ家レストランとして、本物志向の皆様に親しまれてきました。2003年「BIANCA PICCOLINA」が完成。緑に囲まれる一軒家のレストランを貸し切り、ゲストを自邸に招くように自由におもてなしできる、プライベート感溢れるウェディングを心を込めてお手伝いさせていただいております。

  • img01
  • img02
  • img03

ブタは”幸福”のシンボル

「豚」は世界中で幸運と繁栄のシンボルとして親しまれています。
ある国では、煙突掃除人を乗せていたり、幸運の1ペニヒ硬貨または四つ葉のクローバーを口にくわえたりしています。またある国では、多産多幸・繁栄の縁起物として様々なモチーフで人々の生活に存在しています。
ザ・グリーンカーメルでは、チャペルの上から風見豚の“bebe”がおふたりの幸せを見守っています。
今日のおふたりが、ずっと末長く幸せでありますように。

ページトップ

TOP